保護犬たちの神様

捨てる神あれば拾う神ありと言いますね。
病気とか歩けないからと愛犬を手放す方が見えますが、
それをボランティアで保護して下さり小さな命を
救っている方も沢山見えます。
チロ君のママさんもその一人です。
チロ君も歩けないためか、捨てられ殺処分される寸前で
保護して頂きました。
障害を持ったワンちゃんの里親を探すのも中々見つかりませんが、
最後まで面倒見て頂く神様がいて本当に感謝しておりますm(_ _)m
チロ君も歩けないので5月に高知県まで犬の車椅子をお送りしました。
13173779_278419652496628_1484298235073961245_n[2].jpg
チロ君16.jpg チロ君17.jpg
チロ君19.jpg チロ君18.jpg
ですが、飼い主様はパソコンやメール等は苦手で私達はチロ君を
見る事が出来ません。
どんなワンちゃんなのか、ちゃんと乗れているのだろうかと
心配しておりましたが、やっとお手紙と一緒にお写真も頂き
安心しました。

『大変お世話になりました。
遅くなりましたがチロの写真をお送りいたします。

車椅子が来て、日度チロの表情が変わり、落ち着いた優しい顏になりました。
支援してくれる仲間や、近所の人たちもこれほど犬の表情が変化していく
様を見たことが無いと言っております。
チロ君13.jpg チロ君10.jpg
朝は仕事で無理ですが、夕刻は毎日30分歩き、私の休みの日は午前午後ともに
30分づつ歩いています。
走りますので私も小走り状態で懸命について行っています。

チロ君8.jpg チロ君14.jpg

私事ですが、あまりにも多くの(チロを入れて12匹)障害のある動物を
保護してしまうので、夫がチロを認めず連絡先もチロの住むボランティア館
の住所にしていましたが、私の車の匂いかチロがどんどん私宅まで走り、
止められない状況で家族と対面。
今は休日には、私の家でお風呂に入れたり、写真の様に家の庭や畑で過ごしています。
チロ君9.jpg チロ君11.jpg
本当にありがとうございました。』

神様がいて本当に感謝しております。
これからもチロ君を一杯愛してやって下さい。