富士山の麓を走りたい

静岡県のお友達
ミニュチアダックス犬のチョコ君 7歳 男の子
飼い主様よりメールが届きました。
昨年12月にレベル5のヘルニア手術をして3か月経過
最初は全く立てない状態でした。
倒れないように補助すれば最近は1~2分程度立つ事が出来ます。
前足は健在で散歩させる為ではなくて、リハビリを目的として出来る
限り歩かせたいので後ろ足で蹴れる高さにしたいと思います。
チョコ君の犬の車椅子のデザインは赤に犬の足跡柄です。
完成報告はいつものラフメールでご連絡で~す(^o^)/
チョコ2.jpg
チョコ君5.jpg チョコ君6.jpg
チョコ君8.jpg チョコ君7.jpg
チョコ君家族はわざわざ静岡県から愛知県の木曽三川公園の
ドッグランまでラフ君に会いに来てくれました。
そして、チョコ君と一緒に芝生の上を犬の車椅子で駆け回り楽しい
時間を過ごしました。
チョコ5.jpg チョコ君3.jpg
チョコ君が車椅子でリハビリし、車椅子が無くても走れることを願っています。
そして富士山の麓を駆け回る姿を楽しみに待っています。

・・・ラフパパよりご報告です。・・・
そろそろラフ君も体力の限界が来たようで、先日夕飯後、眼振と呼ばれる吐き気を
伴う目が回った症状が表れました。
その中で前庭疾患と呼ばれる脳や神経系の病気で、高齢犬が掛りやすい病気だそうです。
吐き気を伴いご飯も水も殆どとれなくなるそうです。
ラフ君の目を見ると眼球は左右に振れ顔も斜めになってきました。
レントゲン・血液・エコー検査をしてもらい最後に吐き気止め注射と点滴の処置をして
頂き少しは落ち着いてきました。
帰宅後は安静にするしか方法は無く今日で3日目です。
毎日病院で点滴と吐き気止めの処置をしていただいております。
又、お友達とドッグランで走り回れるよう頑張りますので
暫くの間、ラフ君は休養しますm(_ _)m