動物病院の先生へ感謝

ここ最近動物病院の先生から勧められて車椅子を購入される方が増え
ております。
先日も病院の先生からのお問い合わせがありご紹介して頂きました。
別の病院の先生のご意見では車椅子を特に否定的では無かったのですが、
たまたま車椅子に乗ったワンちゃんを病院内で拝見した時、飼い主様と
ワンちゃんの幸せそうな顔を見ていたら車椅子も満更ではないと思えた
そうで、ワンちゃんのストレスや飼い主様の負担も軽減出来て良いのかも
知れませんねとお聞きしました。
こちらのワンちゃんも先生から勧められたお友達です。
愛知県に住んでいるコーギー犬レディちゃん13歳です。
大好きなお散歩が出来なくなり病院の先生から車椅子を考えてみてはと勧
められ、お問い合わせがありました。
早速、訪問しラフ君の華麗な運転さばきを見て頂き、飼い主様の笑顔を頂
きました。
次はレディちゃんの笑顔をいただく為に、ラフ君と同じ肉球柄のデザイン
で製作です。
レディちゃん1.jpg レディちゃん2.jpg
レディちゃん4.jpg レディちゃん3.jpg
数日後、笑顔が見れる日がやって来ました。
玄関先でハーネスの調節後、いざ出発〜そのまま自分の散歩コースに行き、
かなり遠くまで行ってしまい、中々戻って来ません。
とても嬉しかったのでしょうね。
レディちゃん5.jpg レディちゃん6.jpg
これで飼い主様とレディちゃんの笑顔が拝見できて安心です。
やっぱりこの快感最高ですね(^_-)-☆

こちらも愛知県のコーギー犬 ラブ君15歳です。
こちらのワンちゃんは病院の先生からご紹介を頂き、車椅子を購入する事
になりました。
お宅に訪問しラブ君の体調をお伺いすると、日によって少しだけ歩ける日
があるそうです。
ですが、問題が!ラブ君は触っているといきなり噛みつくようになり、飼い
主様も中々触れないそうで採寸する事も難しいのです。
例え製作したとしても乗せる時に抱っこしなければなりませんが、噛みつく
上に体重が15sもあり、飼い主様も自身が無いようで、これは困りました。
せっかく製作したのに乗せれないのでは無駄な物になってしまいます。
4万円を超える4輪車、これはお断りした方が良いと思った時、ラブ君ママさん
よりこの子は娘が小さい頃から可愛がっていたワンちゃんで、今は海外に留学
しているそうで、もうすぐ帰ってくるのですが、愛犬の症状をとても心配して
いるとお聞きしました。
そこで提案させて頂きました。
簡易的な4輪車をお渡ししますので、うまく乗れるようになって頂ければ正規品
を製作する事をお勧めしました。
ラブ2.jpg 1ラブちゃん.jpg
もしかすると娘さんが戻ってきたらラブ君も乗ってくれるかもと期待しましょう。