もうココはオホーツク海

雪がチラチラし始めた季節になります。
今回のお友達は北の国 北極から(?_?)
そんなわけないですよね!m(_ _)m
でも、先月スウェーデンから注文がありました。
どうしても欲しいと英文で書いてあったのですが、納品後
の保証が出来ないので、丁重にお断り致しました。
本題に戻ってお友達の紹介です。
北海道のココちゃん 4歳 女の子
ココちゃんもヘルニアで後ろ足が動きません。
その上、目の病気も発症しました。
それは先天性の進行性網膜萎縮症(通称PRA)と言う病気だそうです。
症状
・網膜細胞が萎縮する病気。
・初期症状は、暗い場所で見えにくくなる。最終的には失明に至る。
 生後8〜12ヶ月で失明する場合もあれば、4〜6歳での発症もあります。
ココちゃんパパはまだ目が見えるうちにもう一度散歩させてあげようと思い、犬の
車椅子の購入になりました。
ココちゃんの愛車は赤に白の星柄で〜す(^o^)/
ココちゃん1.jpg ココ6.jpg
ココ8.jpg ココ7.jpg
あまりの可愛らしさにもうびっくりぽんや\(◎o◎)/!
納品後にココちゃんパパよりメールにて可愛い写真も頂きました。
お外は雪模様ゆきだるまなかなか散歩に出かけられないので家の中で乗っています。
とってもボール遊びが好きなココちゃん とっても嬉しそう(^_-)-☆
ココ2.jpg
あと、今まで座ったまま牛乳や水など飲むとむせていたのですけど、車椅子
に乗せて飲ませると全然むせなくなったそうです。
ココ1.jpg ココ4.jpg
それと飼い主様にお願いですが、ココちゃんの目が見えなくなってしまう事
を想定して、部屋にある障害物を取り除き生活に慣れてもらい、いざという
時に環境を変えていなければ、普段通り生活が出来ると思います。
その時には車椅子も2輪車から4輪車に改造することをお勧めします。
我が家ラフ君も老犬(17歳)で耳も2割ぐらいしか聞こえず、目も
水晶体が白く濁り2割ぐらいしか見えて無いようです。
夜中オシッコに行くときにはテレビをつけたままにしてあり、そこの横に
オシッコシートが置いてあるので、明かりを頼りに無事済ませて戻ってきます。
ココちゃんも頑張ってね。
又、雪化粧の写真待っています。