生きていて良かった〜

今日は熊本で震災にも負けずに頑張っているミニュチアダックス犬の
チョッパー君 5歳男の子をご紹介します。(^o^)/
ちょうど1年前にチョッパー君の飼い主様よりお問い合わせがありました。
その子は20歳前後の女の子で切実な思いを込めた長文のメールを頂きました。
『この子は私が高校生の時にどうしてもこの子を飼いたい!とわがままを言って、全部この子の面倒は私が見る!散歩も私が行く!ご飯もオシッコシートも病院代も全部全部私がする!という条件付きで飼うことになった子で、高校生ながら毎日バイトをし、お金をこの子につぎ込む感じで生活をしていました。
2015年の元旦1月1日に突然後ろ足が動かなくなり、レベル5の椎間板ヘルニアと診断され、緊急手術。
獣医さんからは、中をあけて見たら右半分が壊死してる状態で2週間もたないと思います。と言われました。昨日まであんなにも走りまわっていたのにこんなにも急にくるのかとみんな落ち込んでいたのですが、いやいや!チョッパーが1番ビックリしてるし痛いし突然走りまわれなくて落ち込んでいるのはこの子本人だから!!!と、家族でしっかり支えて行かねば!!!と思い、必死にリハビリと電気治療と針治療とたくさんのことをしてきました。が、しかし、2週間という時間はあっという間に過ぎて行き、現在4ヶ月もチョッパーは頑張ってくれています。先生も奇跡と言っていいほどの回復っぷりだ!病院の先生にもそろそろ車椅子も考えてみては?と言われお問い合わせしました。』

私は出来るだけ早く作ってあげようと注文を待っていたのですが、数日後、チョッパー君は
尿路結石で緊急入院でまた手術をしなければならく車椅子を断念する事になってしまいました。
・・・それから1年後、私のメールボックスに見覚えのある名前が!もしかしてと思いながらメールを
開けてみると・・・良かった〜生きていてくれた〜(~o~)
そしてまた、夢見たお外のお散歩計画が始まりました(^o^)/
チョッパー君リクエストのキリン柄に決定です。
チョッパー5.jpg チョッパー6.jpg
チョッパー7.jpg チョッパー.jpg
チョッパー12.jpg チョッパー8.jpg
震災後にメールが届きました。
もともとが散歩しない子だったので走り回るなど思ってもいなかったのですが、
走って追いかけてくれた時は感動してボロボロと涙が止まりませんでした。
本当にありがとうございました。
チョッパー13.jpg
震災にも負けない元気なお便りも頂きプラスワン一同喜んでいます。
チョッパー君、長生きして家族の心を癒すんだよ(^_-)-☆

故郷の熊本県ファイト

ラフ君とラフママも熊本県生まれです。
現地は今でも不安な毎日を過ごされている方も多く
とても心配しております。
震災前に熊本のワンちゃん2匹に車椅子を送っておりました。
心配でメールで大丈夫ですか?と連絡
間もなく、返事が返って来ました『みんな無事です!とても
怖かった〜ワンちゃんも震えて側から離れません』と連絡があり、
私も一安心、
熊本県のお友達をご紹介します。
パピヨンのバディ君 5歳 男の子です。
『5歳のパピヨン犬なのですが、急な椎間板ヘルニアにより、歩行困難になり、
通院中ですが、治る見込みは無いようです。
後ろ足にマヒがありますが、今まで通りに散歩したがるので、また以前の
ように自分で散歩を楽しませてあげたいと思いご連絡しました。』
と飼い主様よりメールが届きました。
バディ君の車椅子はラフ君モデルのカラフルな肉球柄で
男の子にも関わらず赤色の可愛い車椅子をお勧めしました。(^o^)/
バディ1.jpg バディ3.jpg
バディ4.jpg バディ2.jpg
そして納品後、メールが届きました(^o^)/
『お世話になっております!
バディの車椅子、先ほど届きまして、早速試乗会をしました。
バディは警戒心が強いので、乗ってくれるかどうか心配でしたが、
無事乗る事が出来ました!
サイズもぴったりで楽しそうに歩いていました(^^♪
一緒に歩く事が出来て、私も嬉しいです(~o~)
バディの嬉しそうな顏を久しぶりに見れました!
バディにまた歩いたり、走ったりする喜びをくださってありがとう
ございます!』と嬉しいお言葉も頂き大変感謝します。
バディ.jpg
そして毎日不安な日々ではありますが、バディ君のとっておきの
笑顔のお写真も頂き、私達も喜んでいます。
ラフ君も4輪車に乗って応援してくれています。
ありがとうワン.jpg


富士山の麓を走りたい

静岡県のお友達
ミニュチアダックス犬のチョコ君 7歳 男の子
飼い主様よりメールが届きました。
昨年12月にレベル5のヘルニア手術をして3か月経過
最初は全く立てない状態でした。
倒れないように補助すれば最近は1~2分程度立つ事が出来ます。
前足は健在で散歩させる為ではなくて、リハビリを目的として出来る
限り歩かせたいので後ろ足で蹴れる高さにしたいと思います。
チョコ君の犬の車椅子のデザインは赤に犬の足跡柄です。
完成報告はいつものラフメールでご連絡で~す(^o^)/
チョコ2.jpg
チョコ君5.jpg チョコ君6.jpg
チョコ君8.jpg チョコ君7.jpg
チョコ君家族はわざわざ静岡県から愛知県の木曽三川公園の
ドッグランまでラフ君に会いに来てくれました。
そして、チョコ君と一緒に芝生の上を犬の車椅子で駆け回り楽しい
時間を過ごしました。
チョコ5.jpg チョコ君3.jpg
チョコ君が車椅子でリハビリし、車椅子が無くても走れることを願っています。
そして富士山の麓を駆け回る姿を楽しみに待っています。

・・・ラフパパよりご報告です。・・・
そろそろラフ君も体力の限界が来たようで、先日夕飯後、眼振と呼ばれる吐き気を
伴う目が回った症状が表れました。
その中で前庭疾患と呼ばれる脳や神経系の病気で、高齢犬が掛りやすい病気だそうです。
吐き気を伴いご飯も水も殆どとれなくなるそうです。
ラフ君の目を見ると眼球は左右に振れ顔も斜めになってきました。
レントゲン・血液・エコー検査をしてもらい最後に吐き気止め注射と点滴の処置をして
頂き少しは落ち着いてきました。
帰宅後は安静にするしか方法は無く今日で3日目です。
毎日病院で点滴と吐き気止めの処置をしていただいております。
又、お友達とドッグランで走り回れるよう頑張りますので
暫くの間、ラフ君は休養しますm(_ _)m