ラフ君の新車

こんにちワン
僕はラフ君の弟でフックと言うワン。
P1010501.JPG
今日はラフパパが何故犬の車椅子プラスワンと名付けたか初めて
お話しするワン。
それはラフ君が13歳の時、突然ヘルニアで歩けなくなり、手術後
も自分ではオシッコも出来ず寝たきり状態でした。
そして半年が過ぎ、ラフ君の足も回復せず、元気も無くなり、
もう天国に行ってしまうのではないかと思ったそうです。
するとラフパパは最後に一度でもいいから散歩させてあげようと
車椅子の製作を始めたのです。
そして完成です。
何とか乗ってくれるかな?と思いつつ乗せてみるとすぐに自分の
意志でオシッコも歩く事も出来るんです。
ラフ君の表情も変わり生き生きと感じられるようになりました。
それまでは神様・仏様なんてあまり関心が無かったのに、神社に
行き、神様に「ラフ君との生活があと一年、あと一年だけ一緒に
居させて下さい」
とお願いしたそうです。
その『あと一年』がプラスワンと名付けた由来だそうです。
ラフ君はもうすぐ17歳になるんですが、人間でいうと80歳位ワン。
長生きのお祝いにラフ君の車椅子をリニューアルしてもらったワン。
ラフ木曽三川2.jpg らふ新車2.jpg
らふ新車4.jpg ラフ新車1.jpg
らふ新車5.jpg らふ新車3.jpg

これが最後の2輪車で来年には4輪車になるそうです。
デザインは唐草模様から肉球柄に変身、ラフママの希望はハート
柄だったのにラフパパが肉球柄にしてしまったワン。(険悪な雰囲気)
でも白地にカラフルな犬の肉球も可愛いワン。
そしてこの新車で動物フェスティバル(名古屋)に家族で行って来たワン。
会場にはロバやヤギ、兎ちゃん等、沢山の動物がいたワン。
あまりにも大きいので遠くから見ていたワン。
名古屋フェスティバル2015.jpg
ラフ君は小さな牛の人形なら勝てると思い絡んでいました。
名古屋フェスティバル2015@.jpg
そして長寿犬の表彰が始まり、お友達のちゃちゃ丸君の名前が呼ばれ賞状
も貰っていたワン。
ちゃちゃ丸12.jpg ちゃちゃ丸10.jpg
飼い主様も愛犬と写真を撮ったりして、とても嬉しそうに見えたワン。
お互いに長生きして飼い主様の笑顔をずっと見ていたいワンね!
by フックより(^_-)-☆



パグ犬の愛車

今日は愛知県のパグ犬 プーマ君 6歳 男の子です。
プーマ君パパよりお電話があり、ラフ君とプーマ君のお家に
行ってきました。
プーマ君はまだ6歳なのにヘルニアを患い、後ろ足がほとんど
動かないのです。
よくあるヘルニアとは違いちょっと特別で手術も難しく効果も
あまり期待できないそうです。
椎間板ヘルニアは、ミニチュア・ダックスなどのダックス系や
ペキニーズ、プードル、シーズー、パグ、ビーグルといった
軟骨異栄養症状犬種と呼ばれる犬種に多く見られ、これらの
犬種では若齢期(2~7歳頃)から発症する傾向にあります。

プーマ君は6歳、これから10年近くどうしていいのか飼い主様
も不安で一杯だと思います。
ですので、直接お会いできるワンちゃんの所には出来る限り
我が家の看板犬ラフ君を連れて行きます。
もうすぐ17歳になる老犬だけど車椅子に乗っている姿を見て
頂き、飼い主様にも希望を持っていただく為にも頑張っています。
プーマ君の車椅子は飼い主様のリクエストで元気の出る赤色系に
決定です。
パグ8.jpg パグ9.jpg
パグ11.jpg パグ10.jpg
パイプのデザインには犬の肉球とパグのイラストを付けてあります。

そして納品にお伺いして初試乗です。
あれ?プーマ君固まってしまって動いてくれません。(?_?)
パグ7.jpg
ちょっとびっくりしてどうしていいのか分からないんでしょうね。
ちょっと後ろから押してあげたらスムーズに歩き出し、それからは
もうプーマ君パパと歩きっぱなしでかなり遠くまで行ってしまいました。
パグ2.jpg
そして私が一番うれしそうなのはプーマ君パパかもしれませんねと
つぶやいたら,プーマ君ママがそうかもしれませんねと笑顔で言わ
れておりました。
余談ですが、プーマ君の額の模様が、時にはハート型で時には
チューリップの模様になるそうです。
パグ3.jpg
今日はチューリップ!(^^)!
これからはプーマ君の愛車 プーマ号をよろしくね(^_-)-☆

笑顔のコーギー犬

今回は直接お会いした愛知県、岐阜県のコーギー犬をご紹介します。
私の所に来ていただくワンちゃんの6割はミニュチアダックス犬で
すが、次に多いのがコーギー犬です。
やはり胴長で短足犬が多いのがよく分かります。
ミニュチアダックス犬のほとんどがヘルニアを患い、後ろ足が動か
なく立てないと言うケースでお問い合わせがあります。
コーギー犬の場合はヘルニアかDMと呼ばれる変性性脊髄症と言われる
痛みを伴わない、ゆっくりと進行する脊髄の病気で原因も分からなく
治療方法もないようです。
今回のお友達はDMではなく、老化により歩けなくなってしまった
コーギー犬です。
愛知県のぽち君 13歳 11s 男の子
お店の看板犬でお店に入ると奥の方から少し顔を出し、いらっしゃいワン
と鳴いてくれます。
後ろ足が動かなくなって散歩もあまり行けないので車椅子を購入する事に
なりました。
ぽち君の車椅子は真っ赤なポルシェ?
ぽち4.jpg 
ぽち6.jpg ぽち1.jpg
ぽち3.jpg ぽち2.jpg
ラフ君の先導で初試乗です。
スイスイとラフ君の後ろを追いかけてきます。
ぽち5.jpg
飼い主様もとても感激されて、もっと早くお願いすれば良かったと言われ
ていました。

次のお友達も愛知県です。
チャービィー君 11歳 18s 男の子
とてもマルマルした大きなワンちゃんです。
チャービィーママは毎日後ろ足を吊って散歩させているのですが、
そろそろ限界で、車椅子を購入する事に決めました。
チャービィー君の車椅子は緑色系です。
チャービィー3.jpg チャービィー4.jpg
チャービィー5.jpg チャービィー2.jpg
これでママさんも少しは楽になれますね。

次のお友達は岐阜県のアトム君 13才 14s 男の子
遠くから会いに来て下さいました。
アトム君の車椅子は青色系です。
アトム1 (2).JPG アトム4.jpg
アトム2.jpg アトム君1.jpg

パパさんとママさんもこれからは愛犬と一緒にお散歩出来ますね!
こうしていろんなワンちゃんを見ると初めて会った時の顔と、納品
して帰る時の顔の表情が明らかに違うように感じます。